低金利の教育ローンで進学の夢を叶えられる地元の銀行

比較を行う

山積みのお金

子供の教育費が足りない場合に、銀行での教育ローンを組む人は多くいます。
教育という目的を限定したローンなので、目的を定めずに何にでも使うことのできるキャッシングよりも、低金利での借り入れが可能なのです。
しかし銀行での審査に通ることができない場合もあります。
そのような場合には借り入れできる可能性の高い消費者金融のキャッシングを利用する人もいます。
キャッシングは金利が高めですが、しかし消費者金融の中には、目的を限定した貸し付けをおこなっているところもあります。
特にレディースローンは、女性のための金融サービスなので、子供に学ぶ機会を与えたいという母親の気持ちを汲んで、教育費の貸し付けを低金利でおこなっている場合が多いです。

ただし教育ローンにしても学費のためのキャッシングにしても、子供のためのものではありますが、借り入れをするのはあくまで保護者です。
つまり返済義務があるのは、子供ではなく保護者なのです。
そのため、計画的な返済をするために、家庭での収入の額や支出の額を考えて借り入れをする必要があります。
奨学金制度でも、教育費を借り入れすることが可能です。
しかし奨学金制度の場合、借り入れするのは学ぶ本人となります。
つまり保護者には返済義務はなく、子供自身が返済していくことになるのです。
したがって、保護者に安定した収入がない場合でも、借り入れすることができます。
ただし将来的には、子供自身が返済を可能にするだけの収入を得られる職業に就く必要があります。
どちらが都合が良いかは家庭によって異なるため、事前にしっかりシミュレーションをして、選択することが大事です。