低金利の教育ローンで進学の夢を叶えられる地元の銀行

地元の銀行

キャッシング

子どもの教育費は親にとって悩みの種になりがちです。
とりわけ医歯系の学部や私立校へ進学する場合などには、一度にまとまった資金が必要になります。
保護者に十分な貯金がないときは、キャッシングでその場を凌ぐのもひとつの方法です。
しかし教育目的に特化したローンを利用すれば、より有利に不足分の資金を調達することができます。
教育ローンの金利は、使用目的に制限のないカードキャッシングなどよりも、ずっと低く設定されているのが普通です。
また多くの場合、借入から数年間の据置期間があって、その間は元金を返済しなくてよいことになっています。
お金を借りる目的が学費だけならば、教育ローンを利用するほうがお得と言えるでしょう。

教育ローンには国が実施しているものと、銀行など民間の金融機関が実施しているものとがあります。
国のものは、どちらかといえば所得が低い世帯向きで、高額所得者は申し込めません。
また子どもが義務教育の間は利用できない点にも注意が必要です。
民間のものは、一般に親の所得が高いほど有利で、多額の資金を借りられます。
また子どもが幼稚園児や小学生でも使えます。
ローンではありませんが、学費が必要なら奨学金を受けるという手もあります。
こちらは子どもが将来働いて返済することになり、親の負担にはなりません。
ただし一定以上の学業成績が要求されることが多く、また入学一時金など多額の費用は賄えないので、目的に応じてローンと使い分けることが重要です。